肩甲骨痩身のはじめストレッチング

ストレッチングで肩甲骨を刺激するため、脂肪が燃え易く減量になるとされていますが、具体的にはどうするのでしょう。変位に肩甲骨を取り回すというストレッチングでは、肩幅を目安に徒歩を広げてじっと立ちます。ゲンコツはブレスを吸いながら上げて頭上で手の平をあわせます。次に手の平を表層に向け、ひじをちょっぴり裏手に引き肩甲骨が中点によるように指しながらゲンコツをゆっくり下します。肘を牛乳の高さまで下ろしながら、肩甲骨は中央に寄った実情をキープし、ブレスは静かに吐き続けて下さい。肩のまわりをとことん切り回し、活動効果を決めるには、左右の肩甲骨が半ばに寄るようなパーツをつくることです。変位、左右に肩甲骨を取り回すテクもあります。爪先は表層に向くように、両脚のエリアは肩幅から大きいくらいにしてリラックスして立ちます。ゲンコツを先ほどに伸ばして×キーワードにクロス行う。この時、親指は裏手に向けます。ゲンコツの実情を崩さずに、頭上にまで引き上げていきます。ゲンコツは半円を描くように上げましょう。クロスさせたゲンコツを高所で真横に開きます。肩甲骨を半ばに詰めるように意識してゲンコツを下しましょう。開いたゲンコツは肩の高さで止めた実情から拳固を予行でクロスさせる体位に戻します。体の奥深い部分に居残る筋肉を使う活動ができることが、こういうストレッチングのアドバンテージだ。効率的に減量をしたいのであれば、肩甲骨を使うストレッチングを朝夕に5パイずつ行うといいでしょう。

コメントは受け付けていません。